So-net無料ブログ作成
検索選択

[位置情報]人気ランキング


前の5件 | -

ふるさと納税2016年 自治体ランキング [ふるさと納税 人気]

2016年のふるさと納税受入額のランキングは次のようになっています。

1位:宮崎県都城市 約73億3千3百万円
2位:長野県伊那市 約72億5百万円
3位:静岡県焼津市 約51億2千1百万円
4位:宮崎県都農町 約50億9百万円
5位:佐賀県上峰町 約45億7千3百万円
6位:熊本県熊本市 約36億8千6百万円
7位:山形県米沢市 約35億3千1百万円
8位:大阪府泉佐野市 約34億8千4百万円
9位:山形県天童市 約33億5千8百万円
10位:北海道根室市 約33億7百万円
11位:千葉県勝浦市 約29億7千3百万円
12位:長野県小谷村 約27億6千2百万円
13位:岡山県備前市 約27億4千4百万円
14位:静岡県藤枝市 約26億4千9百万円
15位:長崎県佐世保市 約26億1千5百万円
16位:大分県国東市 約24億9千3百万円
17位:山形県寒河江市 約23億2千7百万円
18位:鹿児島県志布志市 約22億5千3百万円
19位:北海道上士幌町 約21億2千5百万円
20位:高知県奈半利町 約20億4千万円

少し前に電車広告で見た山形県寒河江市(参考記事:ふるさと納税 電車広告)も17位にいる・・・

2015年度は約13億7千2百万円で18番目でしたが、2016年度は額も順位もアップ。





nice!(0) 
共通テーマ:マネー

2016年のふるさと納税は約2,844億円 [その他]

総務省が2016年度(平成28年度)ふるさと納税に関する調査結果を発表しています。

それによると、2016年度(平成28年度)のふるさと納税受入額の合計は約2,844億円
(2,844億887万5千円)

前年度と比較して72%増。

ふるさと納税受け入れ件数は約1,271万件。
(12,710,780件)

こちらは前年度比75%増。

これらから、受け入れ1件あたりの額を計算してみますと、約22,375円となります。


受入額トップの自治体は、2015年度と同じく宮崎県都城市。

約73億3,300万円だったようです。

2位は長野県伊那市で、約72億500万円。

3位は静岡県焼津市で、約51億2,100万円。



nice!(0) 
共通テーマ:マネー

カンブリア宮殿 ふるさと納税サイト女社長さん [その他]

テレビ東京のカンブリア宮殿。

本日登場するのは、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を運営する会社の社長さん。

女性なんですね。

どういった内容になるのか、楽しみだ。

(この番組&村上龍さんが好きで、毎回録画しています)




nice!(0) 
共通テーマ:マネー

ふるさと納税 ISAK [その他]

長野県軽井沢にある全寮制のインターナショナルスクール「ISAK(インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢)」。

東大卒の社会起業家、小林りんさんが設立した高校です。

先日、第1期生が卒業を迎えています。

テレビでやっていましたが、この学校に通わせるのにかかる学費は400万円/年。

ただし、約7割の生徒には奨学金が支給されています。

その額、年4億円。

そのうちの3億円は、ふるさと納税による寄附でまかなわれているみたいです。
(平成28年度)


軽井沢市のふるさと納税には、学校を指定して寄附できる「教育応援分」というのがあります。

その対象校の1つがISAKとなっているのです。

「教育応援分」は以前は2/3が指定校へ、1/3が軽井沢の教育行政に振り分けられていましたが、2014年度分より95%が指定校へ振り分けられるようになったようです。

平成28年度のISAKを指定したふるさと納税額を見ると、実に321,122,000円もの寄附額となっています。

この95%は、305,065,900円(約3億500万円)となります。

ISAKに通う高校生たちが一生懸命に学べているのは、ふるさと納税による助力があってのことといっていいかも知れないですね。



nice!(1) 
共通テーマ:学校

ふるさと納税でAmazonギフト券1000ptを全員にプレゼント [キャンペーン情報]

ふるさと納税サイトのふるなびで、Amazonギフト券1000ptがプレゼントされるキャンペーンが行われます。

キャンペーンページはこちら→http://furunavi.jp/campaign/amazon-2017/

対象期間は2017年6月1日~6月30日。
(予定数に達し次第終了)

1万円以上の寄附1回につき1,000pt分のAmazonギフト券が全員にプレゼントされます。

応募や申請は不要で、1人何度でもキャンペーンが適用されます。

ただし、以下の注意点があります。

★ふるなび会員が対象(ふるなび会員登録は無料です。年会費などもかかりません)
★対象は、食品および食材の返礼品のみ
★クレジットカードでの決済が対象


抽選ではなく、必ずもらえるというのがいいですね。

総務省の指導により、返礼品が寄附額の3割内になりつつありますが、このキャンペーンを活用すれば、それにプラスしてもらえるような感じでなかなかナイスだと思います!



nice!(0) 
共通テーマ:マネー
前の5件 | -